中古車購入時の内装のチェックポイントは?

中古自動車を購入するにあたり、皆さんが気にされるところは色々あるでしょう。

価格を重視する方や自動車の外装を気にする方などいると思いますが、
今回は自動車の内装についてです。

自動車が好きで何度も自動車を買い替えた経験がある人なら、
チェックポイントもわかっていると思いますが、

今回、初めて中古自動車の購入を考えている人は、ぜひ参考にして下さいね。

自動車は見た目も重要ですが、
車内に入って一番気になってくるポイントは内装ですよね。

実際に車に乗って自分自身の体に触れる部分の
「シート」や「ダッシュボード」など。

この部分がよりキレイで清潔な自動車の方が、絶対良いですよね?

まずは、シート。
シート部分にタバコの焼け焦げがあったりする部分はないかどうか、
タバコのヤニで天井部分が変色してしまっていないかどうかも重要なポイントです。

喫煙者が使用していたようであれば、
タバコの臭いが自動車内に残っていないか?どうか。もチェックしてみて下さい。

たまに、シートベルト部分が焼け焦げていたりする事もあるので、
シートベルトも要チェックです。

それに、当然ですが、走行距離が長ければ長いほど、
シートに座っている時間も長いわけですから、
運転席のシートのへたり具合なども見ておいてください。

意外と見過ごしがちなのが、シートの間や掃除しにくい部分に、
ホコリやカビがあるか?ないか。などです。

前に乗っていた人が使っていたドリンクホルダーや
カーナビを設置していた部分などの跡もしっかりとチェックしてくださいね。

トラックや重機を売るのも買うのも評判のトラック王国で

国内自転車販売状況

(財)日本自転車産業振興協会の調べでは、2011年の1店舗当たりの自転車販売台数は前年比103.3%の245.8台(中古車含む)、新車のみでも前年比104.2%と伸びています。中でもホーム車(107.5%)、スポーツ車(106.8%)、電動アシスト自転車(107.7%)と大きな伸び率を示しています。ホーム車は1万円から2万円台が全体の73%を占めて圧倒的です。一時主流であった海外製の廉価な自転車をホームセンターやショッピングセンターで買うような動きは減少し、専門店で購入する人が増えているのは、専門店から買ったほうがアフターサービスも受けやすいと考えたからでしょう。スポーツ車では3万から7万円台の中級クラスの売れ行きが全体の50%になりますが、10万円以上の高級車の売れ行きも29%に上っています。電動アシスト車の売れ筋価格帯は7万から10万円台と10万円以上がともに49%を占めます。
電動アシスト車は11年連続で市場を伸ばしており、近頃の日本市場では珍しい成長市場と言えます。機能の向上や車種の充実、発売当初より価格が落ち着いて値ごろ感がでたことで原付第一種のユーザーに受け入れられていることが考えられます。
2011年3月の東日本大震災をきっかけに自転車業界は震災特需の恩恵を受けました。震災直後は交通網がマヒしたこととその後の計画停電による鉄道機関の運行本数減少により、特に首都圏で自転車の利便性が見直されつつあります。加えて環境問題や健康への関心の高さから全国的に自転車を購入する動きが広がり、さらにガソリン高やファッション性といった要因も後押ししています。
中古車売るならおすすめはここ

中古車、事故車、水没車、過走行車なんでもOK!